テニス錦織圭の世界ランク級の試合に感動!


ph140511-4幼少期から、テニスに一色線だった彼が、一体どんな

「人生を歩んできたのか?」が、とっても気になり、

また、世界ランク1位を目指して日々精進している様

子は多くの視聴者に勇気や感動を与えています。

sponsored link

錦織圭はどんな子供だった?

錦織圭さんは、

1989年12月29日に島根県松江市に生まれ、

両親から勧められた事をきっかけに、

5歳からテニスを始め、すぐに松江市内の

「グリーンテニススクール」に通い始めると、

みるみるうちにテニスが上達し、

 

「全国選抜ジュニアテニス選手権大会」

「全国小学生テニス選手権大会」

「全日本ジュニアテニス選手権大会」

の3つの大会で優勝し、

 

それをきっかけに、

「将来プロテニスプレイヤーに絶対なる!」と心に誓った彼は、

両親にお願いし、松岡修造さんが開催する

強化合宿「修造チャレンジ」に参加すると、

そこで、「修造マインド」を叩き込まれ、徹底的に鍛えられました。

 

また、当時の様子はテレビで放送されていたため

筆者はその映像をテレビで見て、このように思いました。

「対戦相手の松岡修造さんの裏をついた場所に打ち込んでいる」と。

 

しかも、そういうった評価を

「まったくテニス経験がない筆者が感じた」くらいなので、

「プロテニスプレイヤー」としての実績がある松岡修造さんは、

それ以上に「男の子は将来すごい選手になる!」という風に思った事でしょう。

 

ちなみに、錦織圭さんが強化合宿「修造チャレンジ」で

プロテニスプレイーとして成功してからは、

入校がまったくできないような状態です。

sponsored link

錦織圭は世界1位になれる!

錦織圭さんの現場の最高成績は、

2014年の「全米 準優勝」なため、

今後その成績をさらに上回る可能性が非常に高く、

 

しかも、子供の時に松岡修造さんを、

圧倒した技に長年の経験の過程でみがきをかけ、

バリエーション豊かなショットや

相手との間合いを詰めた速い返球をすることによって、

 

「相手の考える時間」や「予備動作の時間」や「スイングの準備時間」を

どんどん奪っていき、しかも、ストロークを重ねるごとに

有利な形を作り出し(相手を左右に大きく揺さぶる)、

後手に回った相手を精神的に追い詰めていき、

 

心理戦でもかなりストイックになってきているため、

もしかしたら、あと3年もかからないで、

「世界1位」になってしまう可能性が高く、今後も目が離せません。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ