上戸彩の特技はカレーやたこ焼きやコーラかき氷を食べる事!?


1246912294_747f23fe84芸能界の中で長く活動し活躍しているのがこの上

戸彩さんで、彼女が人気の要因は見た目の可愛さ

や女優としての演技の上手さの他に特技はカレー

やたこ焼きやコーラかき氷を食べる事!?

特技はカレーやたこ焼きやコーラかき氷を食べる事!?

imgf23b6078zikczj

幼少期から貧乏な家庭で育った上戸彩さんは、

東京の某地区の団地の13階に住み、

そこの家賃が月に4万円程度であったのにもかかわらず、

「毎月家賃をきちんと支払う事ができないでいた」ため、

その時の彼女はこんな風に思ったそうです。

 

「家の家賃が支払えないような貧乏な生活ではなく

もっと経済的に豊かになれるような方法は

芸能会でスターになって

たくさん稼げるようになるしかない!」と。

 

そして、その思いを両親に伝えると、

「国民的アイドルグループっていうのがあるから、

それに出てみたらどう?」

といった提案され、12歳という若さで挑戦し、

 

そこで、実力を発揮した彼女は

瞬く間に芸能会デビューをしてしまい、

それから女優として本格的に

ブレイクした作品が「金八先生」で、

 

そこで演じた「性同一性障害」という

とっても難しい役を演じ、

その「クオリティ」の高さが、

 

見ていた多くの視聴者の心を掴み、

「素晴らしい!」といった

高い評価を受ける事ができたため、

 

それ以降は、女優としての仕事が増え、

「連続してドラマ出演した期間が数年もあった」ほど、

人気女優として芸能界で

盤石な地位を確立する事ができました。

 

ですが、彼女は幼少期の

「貧乏体験」を決して忘れてはいないようで、

某バラエティ番組でこんな風に話していました。

 

「芸能界で長く活動していると、

美味しいものをたくさん食べる機会があるし、

それはとっても幸せな事だけど、

でも、体調の管理のために残す時があります。

でも、それはもったいない事なので、

持って帰って冷凍して

また食べるようにしているんですよね!」と。

 

なので、

「食に対する感謝の気持ち」は人並み以上にあり、

そういった様子を視聴者として

見ていると共感できる部分が多いし、

 

だから、特技はカレーやたこ焼きや

コーラかき氷を食べる事!?なのです。

sponsored link

上戸彩の女優としての今後は?

結婚して子供をたくさん産んで、

それで「幸せな家庭を築きたい」という

人間として当たり前の

「欲求」や「要求」があるようなんですが、

 

しかし、なかなか実現できていない現状に

「焦っている」ような印象を視聴者として感じますが、

それは、「焦ってどうにかなる問題ではない」ので、

マイペースでいいと思いますね。

sponsored link

男性は絶対に読んでください!損はさせません。


【魅力的な男性になりたいあなたへ】


こんなお悩みを抱えていませんか?

「モテたい」
「恋愛を成功させたい」
「彼女との関係をこれからも長く続けたい」
「男性としてもっと自信をつけたい」
「女性に魅力的だと思われたい」
「これまで小さいとバカにしてきた奴を見返したい」



ちなみに、世の中の男性の80%が悩んでます。
日本人は外国人のように
産まれてからすぐに手術を受ける制度はありません。
だから多くの方が悩んでいるのです。

一体、どうやってこの悩みを解決したらいいのか?

大丈夫。心配いりません。

あなたのお悩みを解決する商品がこれです。
中高男子必見!【青春のキトー君】



どんな特徴があるのか?

・自分で治すことができる
・綺麗な形にできる
・違和感ない形にできる
・手術しないので怖くない
・手術するよりも20万以上安くすむ
・病院に行くとか、面倒な手続きがない
・知り合いにバレる心配がない
・全額返金の保障が付いてる



お悩み解決すると、どんな素敵な未来が待ってるのか?

モテるようになるし、恋愛も楽しめます。
自分に自信がつくので、これまでのような弱々しい自分を卒業できます。
彼女と素敵な時間を過ごせる。
最終的には幸せな結婚まで叶ってしまう。
現実的に可能になります。



今のままでいたらどうなるのか?

モテないまま、恋愛できないまま人生終わります。
コンプレックスを抱えたまま人生終わります。
誰からも愛されない人生になってしまうのです。
孤独な人生になってしまうのです。
そんなの嫌ですよね。

人生は一回しかありません。時間は有限です。


今すぐ行動して幸せな人生を手に入れましょう。
中高男子必見!【青春のキトー君】



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ