優希美青の病気が放射能と関係してる!?

Pocket

http://www.b-idol.com/bbs1/2012年の「第37回ホリプロタレントスカウトキャラ

バン」にて応募総数2万9521人の中からなんとグラン

プリに輝いた事をきっかけに芸能界に入って活躍して

いる優希美青さんと、病気が放射能と関係してる!?

sponsored link

優希美青の病気が放射能と関係してる!?

南相馬出身の優希美青さんが、

3.11(原発事故)の時に飯館村に避難した経験があり、

芸能界デビューをした当初は、

「山形県出身」という風に事務所の発信のプロフィールがあって、

それを見た一部のファンから、「出身地が間違ってますよ!」という

指摘を事務所にしたことがきっかけなのと、

 

彼女の家族が彼女のためを思って

「放射能の影響から体を守る」という意味で山形県に避難したため、

そういった事情を知らないで、「正論を武器にする」というのは、

「むしろ暴力である!」ため、ファンであるなら、

「広い心をもって応援してあげるべき」だと思いますね。

 

また、彼女はNHK朝ドラの

「あまちゃん」の出演することができたのは、

彼女がオーディションの際に、

「福島で被災されている多くの人に勇気と希望を与えたい!」

という想いや願いを熱心に伝えた事がきっかけだったようで、

その様子を目の当たりにしたオーディション採用担当者は、

「グッときて涙がでた」らしいです。

 

ちなみに、

デビューしてから芸能界の仕事が多忙なために、

「体調不良」担ってしまうことが多いようですが、

しかし、「放射能とはまったく関係がない」ため、

これについては、「心配しなくていい」ようです。

sponsored link

放射能と日本はどう向き合っていくべきか?

3.11(原発事故)の事について、

被災地以外の日本人のほとんどが、

「頭の片隅にはあるが、あまり気にしなくなってしまった」

という実態について、「これはいかん!」と、

 

某有名マンガが

「被災地にいると鼻血が出る・・・」という風な表現をして、

日本中から「賛否両論」され、話題となり、

 

でも、「いくら表現の自由が法律上認められている」とはいえ、

あるいは、「独自調査によって明らかになっている」などがあったとしても、

 

「被災者の立場に立ってない表現はむしろ暴力に等しい!」し、

「それ以外の方法があったのではないか?」という

個人的な感想をもちました。

 

確かに、日本の現状は、

「核燃料に依存したライフスタイルである」のは事実で、

その方法が最も効率的でなおかつ低コストなため、

国の政策的にも「今後も推し進めるべき!」という

雰囲気になっていますが、

 

「でもちょっと待って!それで本当に大丈夫?」という、

個人の意思の集合体がないと、

「放射能=原発=日本人の生活」になってしまう恐れがあり、

そうならないために、再度、

「放射能と日本はどう向き合っていくべきか?」を

考える必要があるのです。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

このページの先頭へ