唐橋ユミの三角ゾーンがかわいい!?バイキングやセンニュウ感も?

Pocket

IMG_0580____福島県喜多方市出身の唐橋ユミさんは、現

在、フリーアナウンサーとしての活躍の他

に城西国際大学非常勤講師も務め、メガネ

の「三角ゾーン」がかわいいと話題に!?

sponsored link

唐橋ユミの三角ゾーンがかわいい!?

kara6-5fadb

福島県喜多方市出身の

唐橋ユミさんの実家は酒蔵を経営しているため、

「バイキング」で旅ロケをした際、

「酒についての豆知識」を話しており、

しかも話しながら、「男らしい酒の飲みっぷり」が

個人的にとっても印象的でした。

 

ですが、

彼女の存在を知らなかった人って「実は多い」と思うし、

しかも年齢が40代という事なので、

「これまで一体どんな人生を生きてきたのか?」が

とっても気になって調べたんですが、

 

福島県立会津女子高等学校から、

実践女子大学文学部英文学科を卒業した後、

高橋圭三さん主宰の圭三塾に入塾した彼女は、

「アナウンサーになるための勉強をこの頃から真剣にしていた」

ようで、そこで、学んだノウハウを活かし、

 

「テレビユー福島」に契約社員として入社すると、

朝の情報番組や夕方のニュースを担当し、

2004年3月までそこで活動し、それ以降は、上京して

「フリーアナウンサー」としての活動を開始し、

「サンデーモーニング」で事件や事故を解説する際、

 

「手書きのフリップ」

「クレヨンで描いたイラスト」

「段ボールで作ったミニチュア模型」

 

など、全て自作の小道具で解説するといった

「どこか古臭いやり方」で視聴者から

好感が持たれただったんですが、

 

しかし、

「アナウンサーとしての人気についてはイマイチだった・・・」

ようで、それについての悩みを同番組の大先輩である関口宏さんから、

 

「視聴者にもっと印象深くしかも同年代か

それ以上の男性ファンを増やすために眼鏡をかけたらどう?」

といった内容の提案をされ、現在のようなスタイルになりました。

sponsored link

唐橋ユミの今後の活躍予想は?

テレビ局の視聴率低迷が「改善すべき大きな課題」と

なっているのは有名な話ですが、

しかし、だからこそ、

「年齢の高い女性アナウンサー」だったら

「安藤優子さんのような実績がある人」を起用し、

 

また、「若くてカワイイ新人アナウンサー」だったら

「若い勢いで新たな番組ファンを増やせる可能性が高い人」

を起用するため、中途半端な状況で

活動している彼女の今後は「かなり先行き不安」でしょうね。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

このページの先頭へ