大島優子の演技はうまい?下手?徹底評価!


gazouooshimayuukoiytop-246x200AKB48の中で芸能界経験者として周囲の期待が高

く、しかもその期待に応え続けて卒業したのがこ

の大島優子さんですよ。また、彼女は卒業以降、

女優としての活動を中心に頑張っています。

sponsored link

大島優子プロフィール

oshimayuko_i08

本名:大島優子

出身地:栃木県下都賀郡壬生町

生年月日:1988年10月17日

身長:152 cm

体重:43kg

血液型:B型

学歴:栃木県立壬生高等学校

職業:アイドル、女優

所属事務所:太田プロダクション

活動期間:1996年~

代表作(映画):「劇場版 SPEC~結~」「紙の月」

代表作(ドラマ):「弁護士 一之瀬凛子」「カエルの王女さま」

CM:「ヤマハ発動機」「チョーヤ梅酒」

sponsored link

子どもの時の演技はうまい?下手?

19476803

子どもの時から子役として大島優子さんが

芸能活動をしていたのはかなり有名な話ですが、

しかし、成長していく過程で次第に

仕事のオファーをもらう事ができなくなってしまったらしく、

 

その時、「芸能界の厳しさを痛感した」と

AKB48を卒業してから出演した

某バラエティ番組で話していました。

 

また、彼女は子役として数年間の芸能界で活動をし、

実家の栃木県に帰って普通の女の子として暮らしていました。

AKB48時代から現在の演技は変わった?

main

大島優子さんがAKB48のオーディションを

受けている時の様子なんですが、

 

その時の彼女は、

「このオーディションを楽しむ事ができてよかったです」

とコメントした事が合格できた大きな要因であったらしく、

 

しかし、AKB48の基本的なコンセプトが

「素人がアイドルになる」といったものであったため、

「芸能界経験者」であった彼女が

「完璧になんでもできすぎてしまう」という事について、

「良く思われていない時期があった」ようですね。

 

ですが、上の複数の画像にもあるように、

「彼女の演技は常に本気」であると

演技についてなんの知識のない人間が見ても分かるし、

また、むしろその方が伝わりやすいため、

伝わっている証拠であると考えていいでしょうね。

 

また、ここ数年間で

「明らかにテレビの勢いがなくなってきている」ため、

それについての対応をきちんと考えておくとともに、

今後の活動の仕方を意識し、

きちんとした戦略を練っておくべきでしょうね。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ