天海祐希と宮沢りえは仲良し?不仲?2chで話題に!?


amami女優として芸能界の中で長く活動し活躍しているのが

この天海祐希さんですよ。また、彼女は宝塚での経験

を活かし人気女優として活躍していましたが、軽度の

心筋梗塞で倒れ、それが原因で舞台を降板した!?

天海祐希プロフィール

01

本名:中野祐里

出身地:東京都台東区東上野

生年月日: 1967年8月8日

身長:171 cm

血液型:O型

学歴:宝塚音楽学校

職業:女優

所属事務所:研音

活動期間:1987年~

代表作(映画):「クリスマス黙示録」「バッテリー」

代表作(ドラマ):「離婚弁護士」「BOSS」

CM:「ロッテ」「サントリー」「コーセー」

sponsored link

天海祐希と宮沢りえは仲良し?不仲?2chで話題に!?

QkwQP

amami0405m

et-yg-130511miyazawa_m200

天海祐希さんは、中学に入学すると、演劇部に入り2年の時に

宝塚ファンの担任に勧められた事をきっかけに、宝塚を志望し、

高校生の時には受験準備のため「大滝愛子バレエ・アート」に通い、

1985年に宝塚音楽学校に首席で入学。

 

当時の面接官が後に彼女の母親にこんな風に言ったそうです。

「この子を産んでくれてありがとうございます、

この子は宝塚で活躍するために産まれた子です」と。

 

また、1987年、73期生として宝塚歌劇団に入団、

雪組公演の「宝塚をどり讃歌、サマルカンドの赤いばら」では

主演の平みちとして初舞台の挑戦し、

多くのファンや宝塚関係者から高い評価を受け、

 

1989年に歌劇団ニューヨーク公演のメンバーに選出され、

1991年に月組2番手の男役スターになり、

1993年には月組トップスターに就任。

 

1995年12月、28歳の時に「ミー・アンド・マイガール」で退団すると、

その退団の様子が各種メディアで取り上げられるほど話題になった。

 

しかし、宝塚を退団後の目標が明確に決まっていなかった彼女は、

「今後どうしようかなぁ」と考え将来について迷っていた時に、

 

現事務所の研音の関係者から

「うちの事務所で女優として仕事していただけませんか?」

といった内容の提案をされ、

 

これまで数々の作品(離婚弁護士、女王の教室、BOSS)で

「姉さん役」として活躍してきた彼女なんですが、

しかし、2103年5月に、軽度の心筋梗塞で都内の病院に入院し、

舞台の降板した事で宮沢りえさんが

その代役として起用されたことがきっかけで、

 

周囲の人間が「不仲になってしまったのでは?」といった

内容の心配をしてしまい、その情報が

インターネット経由(Twitterや2chなど)で

拡散されてしまったからこそ、

「仲良し?不仲?」と噂されるようになってしまったのです。

sponsored link

男性は絶対に読んでください!損はさせません。


【魅力的な男性になりたいあなたへ】


こんなお悩みを抱えていませんか?

「モテたい」
「恋愛を成功させたい」
「彼女との関係をこれからも長く続けたい」
「男性としてもっと自信をつけたい」
「女性に魅力的だと思われたい」
「これまで小さいとバカにしてきた奴を見返したい」



ちなみに、世の中の男性の80%が悩んでます。
日本人は外国人のように
産まれてからすぐに手術を受ける制度はありません。
だから多くの方が悩んでいるのです。

一体、どうやってこの悩みを解決したらいいのか?

大丈夫。心配いりません。

あなたのお悩みを解決する商品がこれです。
中高男子必見!【青春のキトー君】



どんな特徴があるのか?

・自分で治すことができる
・綺麗な形にできる
・違和感ない形にできる
・手術しないので怖くない
・手術するよりも20万以上安くすむ
・病院に行くとか、面倒な手続きがない
・知り合いにバレる心配がない
・全額返金の保障が付いてる



お悩み解決すると、どんな素敵な未来が待ってるのか?

モテるようになるし、恋愛も楽しめます。
自分に自信がつくので、これまでのような弱々しい自分を卒業できます。
彼女と素敵な時間を過ごせる。
最終的には幸せな結婚まで叶ってしまう。
現実的に可能になります。



今のままでいたらどうなるのか?

モテないまま、恋愛できないまま人生終わります。
コンプレックスを抱えたまま人生終わります。
誰からも愛されない人生になってしまうのです。
孤独な人生になってしまうのです。
そんなの嫌ですよね。

人生は一回しかありません。時間は有限です。


今すぐ行動して幸せな人生を手に入れましょう。
中高男子必見!【青春のキトー君】



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ