宮澤佐江のTwitterが削除で本物だったとファンが叫ぶ!?


E5AEAEE6BEA4E4BD90E6B19FE5A4AAE381A3E3819FE794BBE5838F東京都出身の宮澤佐江さんは、SNH48チー

ムSIIとSKE48チームSのメンバーの経験を

経て、再度AKB48で活動し、その間使って

いたTwitterが削除でファンが叫ぶ!?

Twitterが削除で本物だったとファンが叫ぶ!?

2013-08-07-032518

宮澤佐江さんは、2006年に実は、

「AKB48 オープニングメンバーオーディション」

に応募していたようなんですが、しかし、落選してしまい、

 

「精神的にかなりショックだったけど、

絶対AKB48になってやるって根性で頑張ったんですよ!」

と、某番組に出演した際に話していました。

 

また、再度挑戦した

「第二期AKB48追加メンバーオーディション」に合格すると

チームKの一員としての活動を開始し、

この時の同じチームの仲間として仲良くなった

大島優子さんや秋元才加さんは、

 

「家族ような存在で一緒にいると

安心できる存在であったし、しかも大親友で、ライバル」

という風に思っているらしく、

 

2013年、SNH48の新チームが結成され、

チームSIIへ配属されるまで、

AKB48が「国民的アイドルグループ」と

世間が認識するレベルまで引き上げた影の立役者です。

 

しかし、日本を離れて遠く離れた中国での活動は

言葉や文化の違いで「思うようにいかない日々が続いた」ため、

 

「日本で活動していたらこんな風に思う事は

なかったろうなぁ優子や才加に会いたいなぁ・・・」

と当時はいつも思っていたようですね。

 

しかし、そんな時、彼女が古巣のAKB48のメンバーと

情報交換していたツールはSNSのTwitterで、

それをSNH48のPRも含め、情報発信していた様子が面白く、

 

共感できる内容のつぶやきや意味不明な

つぶやきが多くのファンから高評価だったため、

それについて「賛否両論」あったようですが、

 

しかし、

「アイドルとしてルール」を守りながら、

「多くのファンを楽しませるためのつぶやき」であったなら、

むしろ、「つぶやいでもらったほうが有益」なので、

今後も是非続けていってほしいと個人的には思いますね。

sponsored link

宮澤佐江の今後の進路はどうなる!?

AKB48としての活動から10年という長い月日が経過し、

若いメンバーがたくさんデビューしている現状について、

 

「どういったポディションでの見せ方がいいのか?」

をきちんと考えた活動をしていった方がいいし、

そうしないと、「仕事がなくなる恐れがある」ため、

そうならないような戦略をきちんと考えておくべきでしょう。

sponsored link

男性は絶対に読んでください!損はさせません。


【魅力的な男性になりたいあなたへ】


こんなお悩みを抱えていませんか?

「モテたい」
「恋愛を成功させたい」
「彼女との関係をこれからも長く続けたい」
「男性としてもっと自信をつけたい」
「女性に魅力的だと思われたい」
「これまで小さいとバカにしてきた奴を見返したい」



ちなみに、世の中の男性の80%が悩んでます。
日本人は外国人のように
産まれてからすぐに手術を受ける制度はありません。
だから多くの方が悩んでいるのです。

一体、どうやってこの悩みを解決したらいいのか?

大丈夫。心配いりません。

あなたのお悩みを解決する商品がこれです。
中高男子必見!【青春のキトー君】



どんな特徴があるのか?

・自分で治すことができる
・綺麗な形にできる
・違和感ない形にできる
・手術しないので怖くない
・手術するよりも20万以上安くすむ
・病院に行くとか、面倒な手続きがない
・知り合いにバレる心配がない
・全額返金の保障が付いてる



お悩み解決すると、どんな素敵な未来が待ってるのか?

モテるようになるし、恋愛も楽しめます。
自分に自信がつくので、これまでのような弱々しい自分を卒業できます。
彼女と素敵な時間を過ごせる。
最終的には幸せな結婚まで叶ってしまう。
現実的に可能になります。



今のままでいたらどうなるのか?

モテないまま、恋愛できないまま人生終わります。
コンプレックスを抱えたまま人生終わります。
誰からも愛されない人生になってしまうのです。
孤独な人生になってしまうのです。
そんなの嫌ですよね。

人生は一回しかありません。時間は有限です。


今すぐ行動して幸せな人生を手に入れましょう。
中高男子必見!【青春のキトー君】



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ