宮脇咲良の親が総選挙で高校生らしくない目つきを注意?


AS20140611004195_commL鹿児島県出身の宮脇 咲良さんはHKT48チームKIVや

AKB48チームAのメンバーとして活躍し時期AKB48

のセンターとして2014年の年末からブレイクしてき

ていますが、しかしそんな彼女に対し親が注意した?

sponsored link

HKT48の前は劇団四季で活躍していた!?

027d4b6d-s

2004年3月、友人からもらった「オペラ座の怪人」チケットきっかけに

それを見た母親が(福岡シティ劇場「現 キャナルシティ劇場」)、

劇団四季のミュージカルファンになってしまったことが原因で、

 

それを見るために頻繁に通う機会が増えたため、

いつか「私もいつかは劇団四季のミュージカルに出演したい!」と、

心の底から思うようになり、

 

その思いを母親に話すと母親があっけなく、

「いいよ!」とOKしてくれた事をきっかけに、

10歳からから鹿児島市内にある「ミュージカルスクール」に通い始め、

そこでの活躍が認められ、「ナッツプロダクション」に所属すると、

 

その後は、あっという間に、

劇団四季「ライオン・キング」の福岡公演の子役として出演してしまい、

それを後に出演した有吉AKB共和国で話すと、

司会の有吉さんから「どうして劇団四季を辞めたの?」と質問をされ、

 

彼女はそれに対して、「心配ないさー」とボケて、

しかも、その中途半端なボケ具合に番組は「シーン」となってしまいまい、

「で、どうして辞めたの?」とさらに突っ込まれた質問をすると、

「実はそ声変わりが・・・」と、劇団四季を辞めた理由を話していました。

sponsored link

親が総選挙で高校生らしくない目つきを注意?

1090_ext_04_0_L

声変わりが原因で劇団四季を辞めた宮脇咲良さんは、

今度は「どんな夢に向かって進んでいこうかなぁ・・・」と考えていた時、

なんとなく受けたHKT48の1期生オーディションに合格してしまい、

 

でも、その時の彼女の身長が150cm前後しかなかったので、

「こんなに小さい私でも大丈夫かなぁ・・・」

と内心不安に思っていたよようなんですが、

 

しかし、当時の劇場支配人が

「この子は身長は小さいけれど、一生懸命踊ってダイナミックです!」

といった内容の提案を総合プロデューサーの

秋元康さんにしたことはきっかけで、

AKB48としても活動する事になって2014年の年末から、

 

「AKB48のセンター」として活躍する機会が増え、

そんな彼女に対して、親は「高校らしくない目つきを注意」したようで、

それは、「調子に乗らないで愚直の努力しろ!」といった

「メッセージ」だったようです。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

このページの先頭へ