岡田准一のおでこがアカデミー賞とった要因!?こぶ?シリコン?

Pocket

岡田俳優活動の方がアイドル活動より、視聴者から高評価

なのがこの岡田准一さんですよ。また、彼がこれまで

芸能界の中で活動し、活躍できてきた大きな要因は母

親だったらしいのですが、彼の「おでこ」と関係が?

sponsored link

岡田准一プロフィール

SuTaYVFSiGWcsFO_13832

本名:岡田准一

出身地:大阪府枚方市

生年月日:1980年11月18日

身長:165cm

体重:52kg

血液型:B型

学歴:堀越高等学校

職業:俳優

所属事務所:ジャニーズ事務所

活動期間:1995年~

代表作(映画):「木更津キャッツアイ」「永遠の0」「蜩ノ記」

代表作(ドラマ):「タイガー&ドラゴン」「SP 警視庁警備部警護課第四係」

CM:「グリコ」「ソニー」

sponsored link

おでこがアカデミー賞とった要因!?こぶ?シリコン?

ダウンロード

RHQfKG3leAWoToI_nlNGp_90

m_Baidu20IME_2013-4-17_12-28-52-fe667

Cyzowoman_200904_post_484_1

岡田准一さんは、1995年、

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」内のコーナーの

「ジャニーズ予備校」に合格し、同年、 11月1日に

V6のメンバーとして「MUSIC FOR THE PEOPLE」でデビューしました。

 

しかし、当時は、「20th Century」の

坂本昌行さん、長野博さん、井ノ原快彦さんなどと、

歳がはなれていたという理由で、かなり仲が悪く、

しかも、坂本昌行さんに対しては

よく「反抗的な態度」をとって怒られれていたそうですが、

 

そういった関係も年齢とともに

「あの時は若かったなぁ」とお互い言えるほど仲良くなって、

今では、とっても仲良しだそうです。

 

また、彼が俳優として頭角を現した作品が、

「木更津キャッツアイ」、「タイガー&ドラゴン」、

「SP 警視庁警備部警護課第四係」、

などで、若い時の彼は「コメディ系」で視聴者から高評価を受け、

俳優としての経験を積み年齢を重ねていく段階で

「サスペンス系」で視聴者から高い評価を受けるようになり、

 

最近では、「大河ドラマ 軍師官兵衛」で演じたような、

「歴史系」で視聴者から高い評価を受け、

しかも、彼は、「20才になったらジャニーズ事務所を辞め、

中学校の社会の先生になりたかった」と(ボクらの時代)、

語っていたくらいの歴史好きなので、

今後は歴史を題材にした作品に

積極的に出演していくでしょうね(永遠の0もそれに該当する)。

 

ちなみに、「おでこ」なんですが

彼の母親がお腹を痛めて産んだわけで、

しかも、その「おでこ」でだったからこそ、

これまで活躍してこれたので、それが彼にとっての正解なのです。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

このページの先頭へ