岡田准一のおでこがアカデミー賞とった要因!?こぶ?シリコン?


岡田俳優活動の方がアイドル活動より、視聴者から高評価

なのがこの岡田准一さんですよ。また、彼がこれまで

芸能界の中で活動し、活躍できてきた大きな要因は母

親だったらしいのですが、彼の「おでこ」と関係が?

岡田准一プロフィール

SuTaYVFSiGWcsFO_13832

本名:岡田准一

出身地:大阪府枚方市

生年月日:1980年11月18日

身長:165cm

体重:52kg

血液型:B型

学歴:堀越高等学校

職業:俳優

所属事務所:ジャニーズ事務所

活動期間:1995年~

代表作(映画):「木更津キャッツアイ」「永遠の0」「蜩ノ記」

代表作(ドラマ):「タイガー&ドラゴン」「SP 警視庁警備部警護課第四係」

CM:「グリコ」「ソニー」

sponsored link

おでこがアカデミー賞とった要因!?こぶ?シリコン?

ダウンロード

RHQfKG3leAWoToI_nlNGp_90

m_Baidu20IME_2013-4-17_12-28-52-fe667

Cyzowoman_200904_post_484_1

岡田准一さんは、1995年、

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」内のコーナーの

「ジャニーズ予備校」に合格し、同年、 11月1日に

V6のメンバーとして「MUSIC FOR THE PEOPLE」でデビューしました。

 

しかし、当時は、「20th Century」の

坂本昌行さん、長野博さん、井ノ原快彦さんなどと、

歳がはなれていたという理由で、かなり仲が悪く、

しかも、坂本昌行さんに対しては

よく「反抗的な態度」をとって怒られれていたそうですが、

 

そういった関係も年齢とともに

「あの時は若かったなぁ」とお互い言えるほど仲良くなって、

今では、とっても仲良しだそうです。

 

また、彼が俳優として頭角を現した作品が、

「木更津キャッツアイ」、「タイガー&ドラゴン」、

「SP 警視庁警備部警護課第四係」、

などで、若い時の彼は「コメディ系」で視聴者から高評価を受け、

俳優としての経験を積み年齢を重ねていく段階で

「サスペンス系」で視聴者から高い評価を受けるようになり、

 

最近では、「大河ドラマ 軍師官兵衛」で演じたような、

「歴史系」で視聴者から高い評価を受け、

しかも、彼は、「20才になったらジャニーズ事務所を辞め、

中学校の社会の先生になりたかった」と(ボクらの時代)、

語っていたくらいの歴史好きなので、

今後は歴史を題材にした作品に

積極的に出演していくでしょうね(永遠の0もそれに該当する)。

 

ちなみに、「おでこ」なんですが

彼の母親がお腹を痛めて産んだわけで、

しかも、その「おでこ」でだったからこそ、

これまで活躍してこれたので、それが彼にとっての正解なのです。

sponsored link

男性は絶対に読んでください!損はさせません。


【魅力的な男性になりたいあなたへ】


こんなお悩みを抱えていませんか?

「モテたい」
「恋愛を成功させたい」
「彼女との関係をこれからも長く続けたい」
「男性としてもっと自信をつけたい」
「女性に魅力的だと思われたい」
「これまで小さいとバカにしてきた奴を見返したい」



ちなみに、世の中の男性の80%が悩んでます。
日本人は外国人のように
産まれてからすぐに手術を受ける制度はありません。
だから多くの方が悩んでいるのです。

一体、どうやってこの悩みを解決したらいいのか?

大丈夫。心配いりません。

あなたのお悩みを解決する商品がこれです。
中高男子必見!【青春のキトー君】



どんな特徴があるのか?

・自分で治すことができる
・綺麗な形にできる
・違和感ない形にできる
・手術しないので怖くない
・手術するよりも20万以上安くすむ
・病院に行くとか、面倒な手続きがない
・知り合いにバレる心配がない
・全額返金の保障が付いてる



お悩み解決すると、どんな素敵な未来が待ってるのか?

モテるようになるし、恋愛も楽しめます。
自分に自信がつくので、これまでのような弱々しい自分を卒業できます。
彼女と素敵な時間を過ごせる。
最終的には幸せな結婚まで叶ってしまう。
現実的に可能になります。



今のままでいたらどうなるのか?

モテないまま、恋愛できないまま人生終わります。
コンプレックスを抱えたまま人生終わります。
誰からも愛されない人生になってしまうのです。
孤独な人生になってしまうのです。
そんなの嫌ですよね。

人生は一回しかありません。時間は有限です。


今すぐ行動して幸せな人生を手に入れましょう。
中高男子必見!【青春のキトー君】



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ