本仮屋ユイカがぶりっ子?整形や熱愛や結婚の情報あり!?


peo1011011709000-p1女優として長く芸能界の中で活動し、活躍しているの

がこの本仮屋ユイカさんですよ。また、彼女は清純派

癒し系のキャラで人気になった結果、王様のブランチ

の司会を任され数年経ちましたが実はある秘密が!?

本仮屋ユイカプロフィール

news2

本名:本仮屋ユイカ

出身地:東京都

生年月日:1987年9月8日

身長:165 cm

血液型:A型

学歴:日本大学芸術学部

職業:女優

所属事務所:スターダストプロモーション

活動期間:1999年~

代表作(映画):「スウィングガールズ」「Dear Friends」

代表作(ドラマ):「ファイト」「僕の歩く道」「薔薇のない花屋」

CM:「ジャパンゲートウェイ」「DHC」

sponsored link

ぶりっ子で整形や熱愛や結婚も?

20140621_beforeafter_77
courir04-11
cap981

本仮屋ユイカさんは、10歳の時に芸能事務所の

「テアトルアカデミー」に所属し、「わくわくサイエンス」で

テレビ初出演をはたすと、それ以降は、2001年に「3年B組金八先生」に出演、

2005年には連続テレビ小説「ファイト」で主演になり、

 

また、2006年と2007年に映画の

「Dear Friends」や「ラブレター 蒼恋歌」に主演するなど、

芸能界の中で順調に仕事を増やし、

現在では、「王様のブランチ」の司会として活躍していますが、

 

上の画像にもあるように、

「彼女は顔の変化」をした事によって

美しくなった結果、人気女優になりましたが、

 

しかし、明らかに

「猿っぽい顔」から「韓流系の女優のような顔」に変化した理由は、

「女優として美しさを武器にして芸能界の中で勝負したかった!」からで、

そうでなかったら「見て分かるレベルの変化はしない」のです。

 

それに、

ドラマ「金八先生」や

映画「スウィングガールズ」に出演した時は、

「真面目な脇役キャラ」であり、当時の彼女は、

 

「このままでは脇役の女優として

仕事がほとんどないまま人生が終わってしまう・・・」

といった事に悩み、苦しんで、

 

その結果、

「女優として一流のなるためにはまずビジュアルからだ!」

と、思いついて「整形した」のです。

 

それに、そうした事で、仕事が増えて、

しかも人気女優ランキングの上位に

君臨する事ができているのですから、

それは嬉しいでしょうが、

 

しかし、実は最近、「ぶりっ子が不評」で

視聴者からは「キャラ迷走」と評価されているため、

 

今後は、

「女優として美しさで売っていきたいのか?」

「可愛さでぶりっ子キャラで売っていきたいのか?」

などを、はっきりさせた方がいいですね。

sponsored link

男性は絶対に読んでください!損はさせません。


【魅力的な男性になりたいあなたへ】


こんなお悩みを抱えていませんか?

「モテたい」
「恋愛を成功させたい」
「彼女との関係をこれからも長く続けたい」
「男性としてもっと自信をつけたい」
「女性に魅力的だと思われたい」
「これまで小さいとバカにしてきた奴を見返したい」



ちなみに、世の中の男性の80%が悩んでます。
日本人は外国人のように
産まれてからすぐに手術を受ける制度はありません。
だから多くの方が悩んでいるのです。

一体、どうやってこの悩みを解決したらいいのか?

大丈夫。心配いりません。

あなたのお悩みを解決する商品がこれです。

中高男子必見!【青春のキトー君】



どんな特徴があるのか?

・自分で治すことができる
・綺麗な形にできる
・違和感ない形にできる
・手術しないので怖くない
・手術するよりも20万以上安くすむ
・病院に行くとか、面倒な手続きがない
・知り合いにバレる心配がない
・全額返金の保障が付いてる



お悩み解決すると、どんな素敵な未来が待ってるのか?

モテるようになるし、恋愛も楽しめます。
自分に自信がつくので、これまでのような弱々しい自分を卒業できます。
彼女と素敵な時間を過ごせる。
最終的には幸せな結婚まで叶ってしまう。
現実的に可能になります。



今のままでいたらどうなるのか?

モテないまま、恋愛できないまま人生終わります。
コンプレックスを抱えたまま人生終わります。
誰からも愛されない人生になってしまうのです。
孤独な人生になってしまうのです。
そんなの嫌ですよね。

人生は一回しかありません。時間は有限です。


今すぐ行動して幸せな人生を手に入れましょう。

中高男子必見!【青春のキトー君】






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ