板野友美がイメチェンをTwitter公開!?失敗?かわいい指輪あり?


img_0AKB48時代からカリスマ的な存在としてチームメン

バーやファン達から憧れられてた板野友美さんが、

卒業してから歌手として活躍しつつ、バラエティ番

組の司会にも挑戦し、それがTwitterでも話題に!?

sponsored link

板野友美プロフィール

B6tv88xCEAEthNh

本名:板野友美

出身地:神奈川県出身

生年月日:1991年7月3日

身長:154 cm

血液型:A型

学歴:神奈川県立永谷高等学校→晃陽学園高等学校(通信制)

職業:歌手、タレント、モデル

所属事務所:ホリプロ

活動期間:2005年~

代表作(映画):「劇場版BAD BOYS J」「くるみ割り人形」

代表作(ドラマ):「マジすか学園」「マジすか学園2」

CM:「サマンサタバサ」「イー・モバイル」

sponsored link

イメチェンをTwitter公開!?失敗?かわいい指輪あり?

o0240032010621247255

20120804_itanotomomi_27

E69DBFE9878EE58F8BE7BE8E

ORG_20131210000601

46883f4b

b49a4430

板野友美さんが、AKB48の初期メンバーとして、

「秋葉原の無名アイドルグループ」だったのを、

2005年開始からたった3年くらいで、日本中のほとんどの人が

AKB48を知っているくらいの知名度に引き上げました。

 

また、その過程で、

前田敦子さん、小嶋陽菜さん、

篠田麻里子さん、大島優子さんなどと、

「どうしたら人気アイドルグループになれるのか?」

といった話し合いをよくしたそうで、

その中で交わされる議論から喧嘩してしまうことも度々あって、

そんな時は楽屋で大泣きしていたようです。

 

しかし、当時、それまでのアイドルグループが

絶対やらないようなバラエティ番組の企画で、

「ゲテモノ料理」「バンジージャンプ」、「恥ずかしメイク」などで

AKB48に興味や関心をまったくなかった人達に対し、

深夜番組を通じてアプローチをし、

 

それが大成功した事で、

初期から応援してくれる人達と新しく好きになった人達が混ざり、

その数が番組が毎週放送されるたびに増えていき、

しかも、同時期に少年雑誌亜などにも参加し、

年齢層の幅を広げ、「まずは知ってもらう」といった事に余念がなく、

人気になり成功していく過程で、

 

そういった戦略をきちんとしていたからこそ、

国民的アイドルグループになれたし、

その過程で「飽きられないため」にイメチェンをしたのなら、

それは、アイドルとして当然の行為なのです。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

このページの先頭へ