板野友美の顔がおかしい?変化?また変わった!?

Pocket

E69DBFE9878EE58F8BE7BE8EE6BF80E38284E3819BE382B5E38397E383AAAKB48時代の初期メンバーとして活動し活躍

してきたのがこの板野友美さんですよ。また、

そのなっていく過程で、ビジュアル的な変化を

し、顔がおかしい?変化?また変わった!?

sponsored link

顔がおかしい?変化?また変わった!?

7b289189664c82e1c9f3c1aad34ea1b8

AKB48の初期のメンバーとして活動していた板野友美さんが、

2005年当時、世間からこんな風な評価のされ方をしていた事実を

某週刊誌を見て知り、とってもショックだったようです。

 

 

「秋葉原に会いに行けるアイドル!?っていう

秋元康氏が企画したプロデュースはおニャン子の時のような

ブームを巻き起こすような気配がなく、

しかもオタク系男子をターゲッティングしているようで、

それはつまり、そのカテゴリーに属さない人からは支持されないため、

芸能活動しながらブレイクするのは厳しいであろう・・・」と。

 

ですが、その予想を覆すかたちで

2011年には「国民的アイドルグループ」となってしまいました。

 

また、そうなる過程で、

彼女は自分が思い描くような歌い方や踊り方を

する事できなかったようで、それについて悩み苦しみ、

ある時楽屋で「大泣きした」ようで、

 

その様子を見て心配した前田敦さんや高橋みなみさんが、

「AKB48としてこれまで一緒に頑張ってきたし、

でも、なかなか認められないのは、もっと努力した方がいいし、

そのための試練を神様が与えてくれているのよ!」

といった内容の励ましをし、それを聞いて心身ともに落ち着つき、

 

「またAKB48の活動を頑張っていこう!」

という前向きな気持ちになる事ができたようで、

それが影響して、「歌手デビュー」する事ができ、

AKB48を卒業してからも「ソロ」とhして歌手活動をしています。

 

しかし、現実はかなり厳しいようで、

AKB48に在籍していた時はソロシングルを発売すると

「10万枚は売れた」のにソロになってから

「1万枚売るのがやっと・・・」

という状態になってしまったため、

 

「このまま歌手活動をしていて

それで評価される機会がないままだったら、

芸能活動ができなくなってしまう」という恐れから、

 

「自分を変える!」という意味で、

「ビジュアル的な変化」に意識が向いてしまった彼女は

世間から「顔がおかしい?変化?また変わった!?」という風に

言われるようになってしまったのです。

sponsored link

板野友美の今後の芸能活動は?

ソロ活動があまりうまくいっていない状態の中で、

「ビジュアル的な変化」に意識が向いてしまった他に、

「これまで活動してこなかった分野」での活躍をするために、

「各種バラエティ番組に出演した」のですが、

 

そういった場面で司会の

石橋貴明さんや松本人志さんから「イジられる」と、

「ムッとした表情」をしてしまい、

「場の空気を凍らせてしまった」ため、

 

その様子を見た業界関係者から、

「板野は使いにくい・・・」

という評価のされ方になってしまい、

 

結果的に仕事が少なくなってしまったため、

今後はまた新たな分野で活躍できるよう

頑張っていった方がいいですね。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

このページの先頭へ