板野友美の顔が大きいから怖い!?大きさがでかいしおかしい?

Pocket

板野友美AKB48時代カリスマ的存在として活動し、活

躍してきたのがこの板野友美さんですよ。ま

た、その過程で他のメンバーと差別化をする

ためにしたある事とは一体何か!?

sponsored link

顔が大きいから怖い!?大きさがでかいしおかしい?

a6bef885d400381ca808d88a730d8b28_5733

AKB48の初期メンバーとして活動していた彼女は、

それが世間から「酷評」されている事実を

テレビのコメンテーター話していたいたのをきっかけに、

 

「頑張っても報われないならそれは仕方がないなぁ」

といった諦めの気持ちになってしまい一時期、

「AKBの活動がまったく集中できなかった」ようで、

 

その様子を見て心配したリーダーの高橋みなみさんが、

「私らは、、まだ芸能界の中で認知されているわけではないし、

それに劇場以外で応援してくれるファンもいない・・・

でも、だからこそ、

もっと頑張って活動していってAKB48ってスゲー!!!

と、思われるようになりたいよね!」と。

 

そして、その話を聞いた直後、

二人はなぜか「大泣きしてしまった」そうです。

 

確かに、2005当時のコンセプトとしては

「斬新座があった」のですが、

それを広い心で受け入れるような時代ではなかったので、

 

それを、改善する手段として「毎日地道な努力」を重ねた結果、

「国民的アイドルグループ」と呼ばれるようになったのです。

 

しかし、そうなれる過程で、

「ビジュアル的に明らかに分かるような変化」があったため、

それに「違和感」を感じた世間が、

 

「板野友美の顔が大きいから怖い!?」

「大きさがでかいしおかしい?」

といった内容の噂をし、

 

「実際のところどうなのか?」

について筆者が調べたところ、

「見た目でわかる変化がたくさんだなぁ」

といった個人的な感想と、

 

「それを客観的に見たらどうか?」

について視点を変えて評価してみると、

「やはり違和感あるよなぁ」といった評価となりました。

sponsored link

板野友美の今後はどうなる?

AKB48時代は

ソロ活動やファンションモデルとして活躍していたため、

「AKB48というブランドありきでどうにかなった」のですが、

 

しかし、

「卒業して以降も同じような活躍ができたか?」と思いきや

実は「全然活躍できなかった」し、むしろ、

「AKB48時代のカリスマ性」を

「ほとんど発揮できないままで数年間も経過している」ので、

 

今後も長く

芸能活動をしていきたいと本気で思っているなら、

「かなり本気で頑張ったほうがいい」ですね。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

このページの先頭へ