檀れいの宝塚の同期が司会が下手!?相手役の成績にも影響?

Pocket

1896799c5b8435293ad2593841017f8b兵庫県出身で元宝塚歌劇団月組、星組トッ

プ娘役として活躍した後、芸能界で女優と

して活躍している檀れいさんの宝塚の同期

が司会が下手で相手役の成績にも影響?

sponsored link

檀れいの宝塚の同期が司会が下手!?

2_5

2_5檀れいさんは、

兵庫県新温泉町(昔は浜坂町)に生まれ、

幼少期から演じる事が大好きで、

しかも、「将来は宝塚に入ってスターになりたい!」という

密かな夢をもっていた彼女は、高校生になると

「ファッション雑誌の読者モデル」として活躍し、

 

兵庫県立浜坂高等学校を卒業してから、

1990年に宝塚音楽学校入学。

1992年、第78期生として宝塚歌劇団入団しましたが、

そこに入った時の成績が最下位で、

 

しかも周囲のライバルた達から

「この子には絶対負けない自信がある!」

と思われていたようで、

「誰からも期待されていない状態」が、

 

「かなり悔しかったけど、でもその分

プレッシャーがなかったから、好き勝手できてよかった!」

と当時の様子を某バラエティ番組に

出演した際、話していました。

 

また、入団してから6年間は

「ほとんど活躍できなかった」のですが、

しかし、1998年、「浅茅が宿」で「入団7年目」で

やっとヒロインに抜擢され、真琴つばささんの相手役として

月組トップ娘役に就任し、

 

その時に披露された「楊貴妃の再来」が

多くのメディアで紹介された事がきっかけで、

檀れいという名前が有名になると、

 

2005年、「長崎しぐれ坂」を最後に退団し、

それからは芸能界で活動機会が増え、

2006年、映画「武士の一分」での演技が高く評価され、

 

それ以降は、2010年、NHK「八日目の蝉」で、

ドラマ初主演に抜擢され、「不倫相手の子供を誘拐」して

「自分の子供のとして育てる」といったテーマが

多くの視聴者から高く評価され、

 

ちなみに、

「檀れいの宝塚の同期が司会が下手!?」というのは、

真琴つばささんが情報番組の初司会を務め、

それについての賛否両論が話題になって、

それについて「インターネットでたくさん検索された」からです。

sponsored link

相手役の成績にも影響?

基本的に演じる本気なスタンスの彼女は、

「自分と同じやる気でない人間が大嫌い!」なため、

そのような姿勢が現場の緊張感を高めるようなんですが、

 

しかし、それはプロとして絶対に必要な

「プロとしての姿勢」であるため、

「むしろ尊敬ずべきではないか?」と、

個人的にはそう思いますね。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

このページの先頭へ