比嘉愛未の脚が細い?ドラマ共演で熱愛し結婚!?


tumblr_mgxk3y1sl01rdlcilo1_500女優としての活動が高く評価されるきっかけに

なった作品がNHK朝ドラの「どんど晴れ」で、

それ以降、数多くの作品に出演し、比嘉愛未の

脚が細い?ドラマ共演で熱愛し結婚!?

比嘉愛未の脚が細い?

o0384064411865159927

女優として活躍している比嘉愛未さんが、

芸能界に入るきっかけになった作品が、

NHK朝ドラの「どんど晴れ」で、そうなれるまでの彼女は、

沖縄出身の田舎のモデル事務所の

「Dine and indy」や「ジャングル」に所属し、

 

その過程で、

2005年、映画「ニライカナイからの手紙」で

女優デビューした彼女は、

 

「モデルとしての活動も好きだけど、

これから本気で芸能界で活動し

活躍していきたいと本気で思っているなら、

それを叶えるために演技の勉強を

本気でしないといけないなぁ・・・」

と思い、その正直な気持ちを母親に話すと、

 

母親は、

「東京のような未知の世界に行ってしまう事は

しまんちゅにとって、宇宙に行ってしまうも同然・・・

でも、お前が本気でそれを望んでいるなら、

芸能界で頑張ってくるんだよ!」と。

 

その話を聞いた彼女は、

「ここまで言ってもらえているのだから、

芸能界に入って本気で頑張らないとな!」

と、強く心に誓ったそうです。

 

また、その誓いをしてから数年経過し、

2014年、ドラマ「GTO」でヒロインの

藤川ほなみ役として出演したのはいいのいですが、

 

しかし、過去に放送されたドラマ「GTO」のインパクトや

印象のほうが圧倒的に視聴者からの評価が高かったため、

それを超えるような頑張り方をしていたようなんですが、

 

しかし、「平均視聴率7~8%」で、

それを酷評した某芸能コメンテーターは、

 

「テレビを見る人が少なくなった事が影響しているし、

それがこの結果になってしまった要因でしょうね・・・」

 

と話し、それをテレビでたまたま見た彼女は

精神的にかなりショックを受けてしまったようで、

 

だから、「比嘉愛未の脚が細い?」と

視聴者から言われてしまうほどやせ細ってしまったのです。

sponsored link

ドラマ共演で熱愛し結婚!?

過去に熱愛報道があった斎藤工さんとは

ドラマ共演をきっかけに仲良くなって、

次第にお互いがお互いを意識するようになったため、

熱愛に発展したそうなんですが、

 

しかし、彼は基本的に「熱愛」よりも

「俳優仲間と飲みに行く方を優先するタイプ」なため、

 

それが原因で喧嘩し破局してしまい、

それ以降は、「女優としての仕事に集中している」ようなので、

「結婚する可能性は非常に低い」でしょうね。

sponsored link

男性は絶対に読んでください!損はさせません。


【魅力的な男性になりたいあなたへ】


こんなお悩みを抱えていませんか?

「モテたい」
「恋愛を成功させたい」
「彼女との関係をこれからも長く続けたい」
「男性としてもっと自信をつけたい」
「女性に魅力的だと思われたい」
「これまで小さいとバカにしてきた奴を見返したい」



ちなみに、世の中の男性の80%が悩んでます。
日本人は外国人のように
産まれてからすぐに手術を受ける制度はありません。
だから多くの方が悩んでいるのです。

一体、どうやってこの悩みを解決したらいいのか?

大丈夫。心配いりません。

あなたのお悩みを解決する商品がこれです。
中高男子必見!【青春のキトー君】



どんな特徴があるのか?

・自分で治すことができる
・綺麗な形にできる
・違和感ない形にできる
・手術しないので怖くない
・手術するよりも20万以上安くすむ
・病院に行くとか、面倒な手続きがない
・知り合いにバレる心配がない
・全額返金の保障が付いてる



お悩み解決すると、どんな素敵な未来が待ってるのか?

モテるようになるし、恋愛も楽しめます。
自分に自信がつくので、これまでのような弱々しい自分を卒業できます。
彼女と素敵な時間を過ごせる。
最終的には幸せな結婚まで叶ってしまう。
現実的に可能になります。



今のままでいたらどうなるのか?

モテないまま、恋愛できないまま人生終わります。
コンプレックスを抱えたまま人生終わります。
誰からも愛されない人生になってしまうのです。
孤独な人生になってしまうのです。
そんなの嫌ですよね。

人生は一回しかありません。時間は有限です。


今すぐ行動して幸せな人生を手に入れましょう。
中高男子必見!【青春のキトー君】



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ