相武紗季の高校は国際科?国際コース?


o032803761192313605510代の時から芸能界の中で活動し活躍してきたのがこ

の相武紗季さんですよ。また、彼女は高校の時、国際

科の国際コースで学びんでいたらしく、だから、数年

前にアメリカに留学したそうなんですが、実際は!?

sponsored link

相武紗季プロフィール

E79BB8E6ADA61

本名:相武紗季

出身地:兵庫県宝塚市

生年月日:1985年6月20日

身長:165 cm

血液型:O型

学歴:日出高等学校

職業:女優

所属事務所:ボックスコーポレーション

活動期間:2003年~

代表作(映画):「メールで届いた物語〜mail〜」「NECK」

代表作(ドラマ):「がんばっていきまっしょい」「家政婦のミタ」

CM:「江崎グリコ」「ダスキン」「花王」

sponsored link

相武紗季の高校は国際科?国際コース?

20111231_aibu_08

相武紗季さんは、高校2年まで、

雲雀丘学園(中高一貫校)に通っていたのですが、

同級生の高校球児に会いたい思い、

2002年の朝日放送「夏の高校野球PR女子高生」に自ら応募し、

約1000人から選出され、そこでの活動期間が終わると、

 

彼女の帰省中に地元テレビで

放送されていた彼女を目にしたマネージャーが

「芸能界の仕事の興味ありませんか?」といった内容のスカウトをし、

 

「これはチャンスだ!」と思った彼女は、数日間両親を説得し、

両親を無理やり納得させると、すぐに上京し、

2003年に「WATER BOYS」で女優デビューしました。

(山田孝之さん、森山未來さん、瑛太さんなどがいた)

 

また、2004年以降、出演回数が比較的多い

「ミスタードーナツ」CMでは、タカアンドトシとの

「おもしろい掛け合い」で話題を得るとともに、

それがきっかけで、「ミスタードーナツ=相武紗季」という印象が定着し、

かつての「ミスタードーナツ=所ジョージ」という印象を塗り替え、

 

また、同年、「17才夏。〜屋上ガールズ〜」で

シナリオ登竜門大賞受賞作「なつのひかり」で単発ドラマで主役を演じ、

「よるドラシリーズ」の新規作品最終作「どんまい!」で

連続ドラマ初主役以降は、「CM女王ランキング」に

数年間ランクインするなど、女優として多方面で活躍しており、

 

そういった彼女の女優としての進化を促す要因になったのは、

彼女の姉の「宝塚歌劇団87期生」で「星組娘役」の

音花ゆりさんの存在があり、

「子供の時から両親に比較されるのが嫌だった」ようで、

だから、芸能界のスカウトをされて時に、

「姉に負けないような女優になろう!」と心に決め、

高校時代の国際科の国際コースで学んでいた事をやめ、

 

ですが、そういった決断があったからこそ、

芸能界の中で継続的に活躍する事ができていおり、

しかも、2013年の4月から8月までアメリカへ短期の語学留学をし、

「サンフランシスコやボストンで本格的な英語を学ぶ」など、

女優としての進化を貪欲にしているため、

もしかしたら海外で活躍できる女優を目指しているのかもしれません。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

このページの先頭へ