真木よう子の歯並びの下とは!?

Pocket

1f3d7071d47b2fee57bc2051e56e815c1大人系女優として芸能界で長く活動し活躍

しているのがこの真木よう子さんですよ。

また、彼女が世間から注目を集めるきっか

けになった作品で歯並びの下とは!?

sponsored link

真木よう子が女優になった理由とは?

a3fa270bf2b80ba20e89c72487043c9d

小学校の時に映画で見た安達祐実さん主演の

「REX 恐竜物語」を見た時、

当時の彼女はこんな風に思ったそうです。

 

「将来、芸能界に入って安達祐実さんのように

活躍できるような女優になりたいなぁ」と。

 

そして、その気持ちを抱えたまま

15歳になった彼女は「無名塾」入る事を決意し、

その決意を父親に話すと父親はこんな風に彼女に言ったそうです。

 

「芸能界のようなわけ分からん世界に

可愛い娘を行かせるわけにはいかないし、

それに、そんなところに入ったかからといって

芸能人として成功できる保障なんかどこにもない・・・

だから、芸能界入る事は絶対に認められない!」と。

 

すると、彼女はこう反論したそうです。

「どんな世界でも安心できるような環境の保障は無いし、

それに、自分が心のそこからやったみたい!って思えるような事って

なかなか見つかならないものだから、

それを叶えるきっかけを許してもらえないんだったら、家出してやる!」と。

 

また、そういった彼女の決意や熱意に圧倒された父親は

「しぶしぶ芸能界入りを承諾」し、彼女の芸能活動がスタートしました。

sponsored link

真木よう子の歯並びの下とは!?

芸能界に入るきっかけとして「無名塾」で演技を学んで、

「毎日成長している自分に満足していた」ようで、

それに充実感を感じていたようなんですが、

 

しかし、女優として正式に

映画、ドラマ、CMなどの出演オファーがかからないので、

「このまま女優として頑張って行っていいのか?」

といった悩みや不安を感じるようになった彼女が

最初に芸能界でブレイクするきっかけになった作品が、

 

2005年に撮影した初主演映画「ベロニカは死ぬことにした」で、

その作品で演じた様子がとても魅力的だったので、

それを見ていた業界関係者から、「この子いいね!」と評価され、

「女優 真木よう子」としてその後、数々の作品出演し、

その過程で「歯並びの下」を治療したのです。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

このページの先頭へ