真木よう子の歯並びの下の歯はおかしい?変?矯正か!?

Pocket

3195927463_7e8cd9cdc8演技派女優として、ここ数年間、芸能界の第一

線で活躍しているのがこの真木よう子さんです

よ。また、彼女が女優として活躍する過程で歯

並びの下の歯はおかしい?変?矯正か!?

sponsored link

真木よう子が女優になったきっかけの作品は?

小学校の時に、友達と見に行った

安達祐実さん主演の「REX 恐竜物語」を見たとき、

彼女は、「将来、安達祐実さんのような芸能界で

活躍できるような女優になれたらいいだろうなぁ」と思ったらしく、

 

その気持ちを抱えたまま、15歳になった彼女は

仲代達矢さん主宰の俳優養成所「無名塾」に

入塾するために父親にそれを許してもらうため、

こんな風に話をしたそうです。

 

「小学校の時にはじめて安達祐実さんの映画を見てから

芸能界に入って活躍できるような女優になりたいと思っていたので、

だから、そうなれるためのきっかけとして、無名塾に入って、

仲代達矢さんから本格的な指導を受けるたいの!」と。

 

すると父親が、

「芸能界のような将来が全く見えないような

不安定な場所に可愛い娘を行かせるわけにはいかないので、

だからそれを許すことができない!」

と反対しているといった態度をしたところ、

彼女は怒ってこんな風に反論したそうです。

 

「確かに、芸能界に入って活躍する事は

かなり厳しい道のりになるかもしれないし、

その過程でたくさんの挫折を経験する可能性が高いけど、

でも、自分が心の底から本気で頑張ってやりたいと思わない事に

人生を生きるなんて絶対にできない!」と。

 

また、その彼女の熱意に圧倒された父親は

しぶしぶ「承諾」し、彼女は芸能界で活躍する

きっかけを手にしたまではよかったのですが・・・

sponsored link

歯並びの下の歯はおかしい?変?矯正か!?

「無名塾」に入塾した彼女は毎日厳しい練習に耐え、

入塾二年目で無名塾公演の「どん底」で「ナターシャ役」に

大抜擢され、その公演以降、

 

ある時、朝練で

誰よりも早く練習して仲間を待っていた時、

その様子を見て「練習をさぼっている・・・」と決めつけた

彼が彼女を叱った事が原因で、「大ゲンカ」になってしまい、

 

それがきっかけで、

2005年、映画「ベロニカは死ぬことにした」の主演になる以前は、

ほとんど無職状態で時間があったため、その時に

歯並びの下の歯はおかしい?変?矯正か!?

とこれまで他人から言われてきた歯を治したのです。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

このページの先頭へ