窪田正孝の14とは!?


image5実力派若手人気俳優として徐々にファンを増やしてい

るのがこの窪田正孝さんですよ。また、彼が芸能界に

入るきっかけになったのが、母親が買ってきた雑誌に

記載されていたオーディション企画の応募でした。

sponsored link

窪田正孝プロフィール

2037712_201405240543783001400890236c

本名:窪田正孝

出身地:神奈川

生年月日:1988年8月6日

身長:175cm

体重:57kg

血液型:B型

職業:俳優

所属事務所:スターダストプロモーション

活動期間:2006年~

代表作(映画):「ガチバン」「ふがいない僕は空を見た」

代表作(ドラマ):「チェケラッチョ!! in TOKYO」「ケータイ捜査官7」

sponsored link

窪田正孝の14とは!?

窪田正孝
68723af43e90ab7c49919ed447d4969d_7098
250753_400

窪田正孝さんは、

神奈川県の工業高校に通って作業着を着て、

将来の夢は「整備士」で、

それを目指して頑張っていましたが、

 

ある時、母親の勧めで

「スターダストプロモーション」の

オーディション企画を受け見事合格しました。

 

ちなみに、デビューは高校2年生の17歳だったため、

当時の彼は、「高校を卒業して整備士になるか?」、

それとも「俳優として芸能界で頑張っていくのか?」について

悩んでいたらしいのですが、

 

2006年の深夜ドラマ

「チェケラッチョ!! in TOKYO」で主演を任され、

「たどたどしいラップ高校生」を木村了さんと演じた事で

「俳優って楽しい!」と心から思うようになり、

 

2008年に「ケータイ捜査官7」再び主演を任され、

「歩く携帯電話がバディ」という異色作で

1年間人気ドラマとして継続させ、

そういった活躍が芸能界関係者から

かなり高評価だったため、

 

2009年、初の時代劇となる「浪花の華」で

主演を任され、そこで演じた役が広い世代に受け入れられ、

 

2010年、朝ドラ「ゲゲゲの女房」にも出演するなど、

俳優としてかなり順調に仕事をこなしていっています。

 

また、彼はまだ若いのにもかかわらず、

「50作品以上に出演」しており、

今後もその数は増えていくでしょうし、

また、そういった活躍を評価する場所が

「2chの24」という、書き込み掲示板なのです。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ