篠原涼子の体重と身長は!?

Pocket

70201669_1個性的な演技で長く芸能界の中で活動し活躍してきた

篠原涼子さんは、現在、女優としてだけではなく、母

親として子育てをきちんとしているため、そういった

様子が、多くの視聴者から支持される要因です。

sponsored link

篠原涼子の体重と身長は!?

201402031447494cb

1989年、「高速戦隊ターボレンジャー」で

テレビ出演した事をきっかけに、芸能界に入ると、

1990年、アイドルグループの

「東京パフォーマンスドール」初代メンバーとして活躍し、

 

その時の活躍が影響し、

「ダウンタウンのごっつええ感じ」

にレギュラー出演する事が決まると、

アイドル活動をしつつ

「コントにも挑戦する」といったスタンスで、

多くの視聴者の心をつかみ、

 

「ダウンタウン」とコントするたびに「むちゃぶり」されるのに対し、

「おもしろくリアクションする」といった事の積み重ねが、

 

ある時、小室哲哉さんの目に止まり、

「この子をプロデュースしたい!」という内容のオファーがされ、

1994年、「篠原涼子 with t.komuro」というユニット名で

「恋しさと せつなさと 心強さと」をリリースし、

売上200万枚を超えるメガヒット記録し、約2年間も売れ続けました。

 

しかし、彼女は長い期間

「小室ファミリー」に加入する事はなく、

「歌手ではない女優の道」をあえて選択し、

 

2003年、宮藤官九郎脚本のドラマ

「ぼくの魔法使い」でヒロイン役を演じると、

「女優として演じる自分が好き」

と思うようになったようで、

このドラマをきっかけに

「演じるを研究する」といったスタイルになりました。

 

しかし、女優として活躍するために必要な

「カッコよく見せる」といった方法の一つに身長や体重があり、

彼女の身長が162cmで体重が45kgという、

一般人体系であった事は、

彼女にとって「コンプレックス」でした。

sponsored link

インパクトのある演技でコンプレックスを克服した!?

5b703f60d8791860165691e7feb963d2

2005年、「anego」で

演じた仕事はできるけど、「恋愛は苦手」といった、

「仕事ができるキャリアウーマン」をターゲットとし、

「つい仕事を優先してしまうばっかりに恋愛がうまくいかない」という、

 

不景気な日本の時代背景とマッチングさせ、

高視聴率ドラマとなって、この頃から彼女の演じる役は、

「女性が仕事場で頑張る!」「女性が自立して一人で生きる!」

といったテーマのものが多くなりました。

(アンフェア、ハケンの品格など)

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

このページの先頭へ