綾瀬はるかと松坂桃李のその後は!?仲良しお似合い結婚あり?


285574_2人気女優ランキングでここ数年間、継続的な人気を獲

得しているのがこの綾瀬はるかさんですよ。また、彼

女と映画で共演した松坂桃李さんと仲が良かったため

各種週刊誌が熱愛の噂を記事にしましたが実際は!?

綾瀬はるかプロフィール

20130126_kasiwagi_25

本名:蓼丸綾(たでまる あや)

出身地:広島県 広島市

生年月日:1985年3月24日

身長:165 cm

血液型:B型

学歴:堀越高等学校→帝京大学短期大学

職業:女優

所属事務所:ホリプロ

活動期間:2000年~

代表作(映画):「ハッピーフライト」「ひみつのアッコちゃん」

代表作(ドラマ):「白夜行」「JIN-仁-」「八重の桜」

CM:「日本コカ・コーラ」「任天堂」

sponsored link

綾瀬はるかと松坂桃李は仲良しお似合い結婚あり?

AS20140527000839_comm

img_454b66cbddd6e1d9e643fa5666afaad373211

綾瀬はるかさんは、芸能界に入ったきっかけは、

「ホリプロスカウトキャラバン」に友達に誘われて参加で、

その理由は「部活をサボりたかったから」で、

しかし、2000年の「第25回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で

「審査員特別賞」を受賞して芸能界デビューすると、

 

はじめはモデルを中心とした活動をしていたのですが、

2003年のフジテレビのドラマ「僕の生きる道」で

初の連続ドラマレギュラー出演すると(草彅剛さん主演)、

そこで演技が高く視聴者から高く評価され、

 

その評価を敏感に察知した業界関係者が

2004年にTBS系のドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」の

ヒロインに抜擢し(山田孝之さん主演)、

当時、映画で話題になり社会現象になってしまうほどで、

それを「ドラマ化するのはどうなの?」といった意見もあったのですが、

 

しかし、映画で主演をした長澤まさみさんとはまた違った「よさ」が、

多くの視聴者の心を掴み、2007年には日本テレビのドラマ「ホタルノヒカリ」で

初めて連続ドラマ単独主演すると、それが視聴者からかなり高評価で、

しかも、高視聴率だったために、2011年に「パート2」が放送され、

 

同年、映画版が公開されるほどのヒット作となり、

このシリーズの作品で共演した藤木直人さんは彼女が撮影中に

「よく転んでいた」ため、「綾瀬さんは天然ボケ?」と彼女に質問すると、

彼女は、「私は天然ボケではありません!」と

口を尖らせて怒っていたようなんですが、

でも、そういった姿も含め彼女が女優として愛される要因で、

 

2013年に「八重の桜」で

NHK大河ドラマ初出演及び主演だった事がきっかけで、

「第64回NHK紅白歌合戦」の紅組司会を務めましたが、

実は本番直前まで「綾瀬はるかさんで大丈夫なの?」といった

心配がされていたほどでした。

(中居正広さんが番組共演した際にイジっていました)

 

また、映画で共演した松坂桃李さんと

「交際しているのでは?」といった内容の情報が

各種週刊誌をきっかけに拡散してしまいましたが、

彼女のこれまでの実績や彼女の周囲の人間が

彼女のプライベートもしっかりガードしているため、

「交際する以前に近寄れない」ため、

たとえ、若手人気俳優とはいえど、

「共演はできても交際はできない」でしょうね。

sponsored link

あなたの人生を3ヶ月で変える無料メルマガ。豪華プレゼント付き。


17000人参加。登録無料。【期間限定】7つの「超豪華」特典付き。

東京都Aさん36歳 「無料メルマガ学んで1000万達成!」

埼玉県Bさん30歳 「無料メルマガ学んで500万達成!」

長野県Cさん40歳 「無料メルマガ学んで100万達成!」



【豪華プレゼントの内容】

・わずが5分で会社にバレないで副業を成功させるノウハウを手に入れる方法

・起業のリスクが怖いを30秒で解決する方法

・毎日3分読むだけで年間1億稼ぐ成功者の思考をインストールする方法

・不用品をヤフオクで10万に変える方法

・国内転売で3ヶ月で600万稼ぐ方法

・ブログでファンを3万人に増やした方法

・ツイッターで400万人につぶやきを読まれる方法

・Facebookで「いいね」を100以上獲得する方法

・メルマガ読者に100万のコンサルをバンバン売る方法

・1万人が欲しがるようなプレゼントを3日以内に簡単に作る方法


無料でノウハウを知る方法は簡単です。緑色のところを「クリック」してください。










コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ